JB

「JAMES BROWN 最高の魂を持つ男」

を観た。
いや良かったね。
最近、自分の中で音楽がとっ散らかっていて自問自答している部分もあったのだけど、これを観て何か見えてくる感じがあった。
いや、限りなく答えに近いモノがココにあったのかもしれない。
自分の中でいるものといらないものが見えてくる感じ。。。
うん、そのうちもっと見えるはず。

一般的にも良い作品だと思います。
.
.
.
.
.


at 03:05, fuyuki(高岡冬樹), cinema

comments(0), trackbacks(0), pookmark

WHIPLASH

「セッション」

この映画、やっぱり賛否両論だろうね。
観終わった後の感想は素直にそんな感じだったな。
観て良かったとは思うし、賛否両論巻き起こる事は良い事とも思うので、
映画としては良いのかな。
俺は釈然としない部分もあるけど。
それも込みで気になる人は観てみるとよいと思います。

けどやっぱタイトルは「WHIPLASH」が良いよね。
.
.
.
.
.


at 20:15, fuyuki(高岡冬樹), cinema

comments(0), trackbacks(0), pookmark

アラバマの聖地

シネマート六本木 レイトショー
「MUSCLE SHOALS」


at 22:00, fuyuki(高岡冬樹), cinema

comments(0), trackbacks(0), pookmark

皆殺しのバラード

新宿シネマート レイトショー
「皆殺しのバラード」

この人を見ていると、その後の色んな日本のミュージシャンと重なるなあ。
それだけ影響力があったんだろうな。

at 04:10, fuyuki(高岡冬樹), cinema

comments(0), trackbacks(0), pookmark

Vanishing Point

BJCのドキュメンタリー映画
「VANISHING POINT」を劇場で観た。

いつも思う事だけど、今またBJCが観れる、というだけで十分。
それ以上でもそれ以下でもない。

劇場売店ではなんと「DIJセット」なるモノも売ってる。
もちろんメロンソーダとチリドッグだ。
とても愛を感じるね。

けど最近じゃ哀しいかな、若いコらは知らなかったりするんだよな。
しかもCDショップの店員が知らなかった時はショックだったな。
時代の流れってこえぇな。。。

at 00:54, fuyuki(高岡冬樹), cinema

comments(0), trackbacks(0), pookmark

モンスターズクラブ

K's cinemaへ
映画「Monsters Club」を観に行く。

とてもイカレタ映画だった。
とても不器用な人たちだった。

ただ、主人公をはじめ登場人物達を責める気にはなれない‥
「魔物」は誰の心にもいて、何が正しくて、どっちがイカレテるかなんてわからない。

ラストシーンと宮澤賢治の詩が脳内をループしていた。

にしても現代美術作家の「ピュ〜ぴる」が気になるなぁ、、、強烈だ。

豊田利晃 監督作品

at 23:21, fuyuki(高岡冬樹), cinema

comments(0), trackbacks(0), pookmark

そして永遠のバイブルは‥

実写版「あしたのジョー」を観に行った。

今またジョーが観れる。
俺にとってはそれだけで嬉しい出来事。
なので映画のクオリティーに過度の期待はしていなかった。

ところがそんな俺の気持ちを軽く上回る内容だった。

当然のように、賛否両論あるだろう。
原作があまりにも素晴らしいから。

こういった作品の場合、監督をはじめ制作側に
どれだけ(原作に対して)愛情があるか‥
それに尽きると思う。

原作の良さにつけこんで興行収入に走ったら最悪になる。

そして愛情はあった。
俺はそれで充分。

at 01:24, fuyuki(高岡冬樹), cinema

comments(0), trackbacks(0), pookmark

最後の一滴

1月3日(日)
ユーロスペースへ

劇場版「蘇りの血」を観た。
よかったな、この映画。
原動力となったのはTWIN TAILの音楽だったという。
実際めちゃくちゃハマッてた。
サントラを先に聴いていた俺は、劇中の音楽を聴いて改めて感心してしまった。
映画はタイトル通り「血」の描写は多い。
けど、とてもあったかい映画だと思った。
そして‥

at 23:33, fuyuki(高岡冬樹), cinema

comments(0), trackbacks(0), pookmark

オフィス 作

12月17日(木)
夜、MOVIX へ

SOUL RED 松田優作」
そろそろ公開も終了しそうなので観てきた。
やっぱりこの人、普通じゃない。
「太陽にほえろ!」以降、圧倒的なエネルギーでもって駆け抜ける。
役の振り幅も尋常じゃない。
早死にするのも無理もない気がしてしまう。
過去の作品をイロイロ観たくなった。

at 23:58, fuyuki(高岡冬樹), cinema

comments(0), trackbacks(0), pookmark

THE LIMITS OF CONTROL

9月19日(土)
渋谷「シネマライズ」へ

リミッツ・オブ・コントロール」の初日舞台挨拶へ行ってきた。
やっぱりジム・ジャームッシュは好きだ。
とてもクールな作品だったけど、この人の作品はどこかユーモアさがある。
それに独特のタイム感や魅力的な登場人物、マニアックなセンス、音楽‥
それらにいつも想像力をかき立てられる。

その後、人生初の初日舞台挨拶。
今回、登壇者はジャームッシュ映画に縁のある工藤夕貴。
劇中でも流暢な英語の長台詞を披露していた。
間近で見る本物の女優さんは、やっぱり綺麗だった。

at 15:57, fuyuki(高岡冬樹), cinema

comments(0), trackbacks(0), pookmark